SB 入門編 コックピット計器 昇降計

SB

お久しぶりでございます。挨拶するたびにお久しぶりといっているたけみやでございます。

今回から何回か、コックピット計器について解説していきたいと思います。

SBでは一人称視点に限定されるため、自機の状況を計器類で確認しなければなりません。また、最適な操作のためにはAB、RB以上に正確な情報が必要です。

計器を使いこなして、きれいに飛びましょう。

ほかの計器の解説はこちら 

第2回 姿勢指示器

第3回 旋回計傾斜計

昇降計とは?

F-86の昇降計

昇降計は自機の速度の垂直成分を測ります。機体が上昇しているか下降しているかを測るといってもいいですね。

これは

  • 離陸
  • 上昇
  • 巡行
  • 降下
  • 着陸

に重要な計器です。

ほぼすべてですね。

ただ簡単に振り切れるので、縦の格闘戦には使えないことが多いです。

では、この使い方を確認してみましょう。

離陸時の使い方

離陸時に必要あるのかと思う人もあるかもしれません。しかし意外に使います。

特にジェット機などに多くあてはまる前輪式の飛行機では、機体が上がる前に機首を上げすぎるとケツを擦ってしまいます。

離陸直前のF-86

滑走中は昇降計が0をさし、離陸したら上昇を示します。その後操縦かんを引けば安全に離陸できます。

巡行、上昇、降下時の使い方

このとき見る計器は、主に姿勢指示器、昇降計、旋回傾斜計といういつもの3つです。

昇降計を見なくても周りの景色を見ていれば、機体の向きや速度の向きはだいたい分かることが多いです。

基本的に機首が上がっていれば上昇して、機首が下がっていれば降下します。

ただ何事にも例外が存在します。

例えば、雲の中を飛び周りが見えないときや、速度が低く機首あげなければ高度を維持できないときなどです。

慣れてくれば目の端にとらえるだけで、大体の数字がわかるようになります。車の速度計と同じような感じです。計器をガン見していたら見張りがおろそかになるので、練習あるのみです。

横旋回時の使い方

横旋回の時に見る計器も3点セットです。巡行時に比べて各計器が目まぐるしく変わるので、練習を重ねてきれいに飛べるようにしておいたほうがいいでしょう。

横旋回の基本となるのは、高度を保った旋回です。

バンク角が緩い時はピッチで、きつくなってくるとラダーを使って高度を維持しましょう。

着陸時の使い方

着陸時に見る計器は速度計(もしくはHUDの速度計)と昇降計です。

着陸時はかなり大事です。降下率が速すぎると脚を折ってしまうからです。

実戦ではアプローチの時間を節約したり、低空低速の無防備な時間を減らすため、急角度で降下して着陸することがよくあります。

雑な模式図。青が飛行場、緑が安全なアプローチで赤が実戦のアプローチ。

そのため滑走路の直前で機首上げし、緩い降下率で着陸することになります。降下率をどのくらいまで下げるべきかは、機首上げで前が見にくいこともあり、目視で確認するのは難しいです。

都合昇降計に頼ることになります。もし昇降計がない機体で着陸するなら、高度計の針の動く速さで代用しましょう。

まとめ

昇降計は戦闘時こそ使えないこともありますが、離着陸や巡行時に非常に役に立つ計器です。

初期の飛行機を除いて、ほとんどの機体についているのもポイントが高いです。

高度計(やHUDの高度計)をみていれば大丈夫と思わず、しっかり使いこなして楽しく惑星の空を飛びましょう。

記事を最後に書いてから半月以上たっています。記事の書き方をかなり忘れている印象ですが、書いているうちに思い出すと思います。

何事も久しぶりにやると楽しいんですよね。今回こそお久しぶりといわずに済むように頑張りたいと思います。


人気ブログランキング

↑をクリックして応援をよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました